« 連夜の飲み会 | トップページ | 新冠西泊津ヒルズPG場。 私の出発点。 »

2015年6月30日 (火)

オマール

昨夜のエキストラワイン会は、唐戸の英国館(旧英国領事館)だったが、
いやぁ~、オマール海老の美味かったこと!
料理代も半端ではなかったが、
カナダ産の大振りなオマールが、溺れるほどのスープとともに供された。
また、そのスープの濃厚なこと!

実は4日前に、小月の「兎」でオマールフェアをやっていて家族で出かけたのだが、
料金は半額以下だったが、それはそれで美味かった。
しかし、昨夜のオマールは、それとは次元が違う美味さだ。
あの美味さは病みつきになる。
ただし、「兎」のオマールなら、毎週一回食べても食べ飽きないだろうが、
「英国館」のオマールは2~3ヶ月に一回でよかろう。
それほど強烈に濃厚だった。

下関でオマールを堪能して、
一週間先にはサッポロビール園でジンギスカンとカニの食べ放題だ。
私は、北海道に関しては「おのぼりさん」みたいに、
北海道に着いたら、まずサッポロビール園詣でをする。
地元の人は 「もっと美味い店がある」 とおっしゃるが、
サッポロビール園を訪れることで、私は北海道に着いたことを実感するのだ。

同様に、
函館の朝市にある「むらかみ」で、うに丼を食べて、
北海道を離れるに当たっての思い出の味とする。
うに丼も、他の店を紹介してくれる人がいるが、
私にとっては函館朝市の「むらかみ」でなければならないのだ。

ラーメン屋の「寶龍新冠店」、静内の居酒屋「赤ひげ」、函館の居酒屋「蒸気船」
そして北海道での定番は釧路港の「岸壁炉端」となる。
これらに準ずる店は、増毛町など道内各地にあるが、
私の顔を覚えていてくれて、
私が訪れたら 「お帰りなさい」 と言ってくれる店はそんなに多くない。
今夏の予定ルートには入っていないが、
阿寒湖畔の木彫りの専門店でも、それなりの強い印象を残しているから、
きっとルートを変更してでも立ち寄るだろう。

出発まで30時間を切った。
2台のPCは、置き場所を私の部屋から SARAY号に移す。
北海道ではPG場巡りで時間を持て余すだろうから、
今夏はこれまで以上に頻繁に日記を書くかもしれない。
内地で夏を乗り切る方は、どうぞご自愛くださいますように。

« 連夜の飲み会 | トップページ | 新冠西泊津ヒルズPG場。 私の出発点。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事