« PG再デビュー・スタート元年 | トップページ | オマール »

2015年6月29日 (月)

連夜の飲み会


6月は今日と明日を残して、いよいよ7月だ。
4年連続、4回目の 「北海道での夏」 が始まる。

「あいつは夏には居ない」 が友人・知人の間ではかなり定着し、
私が係る行事は、6月の後半に立て続けに集中した。
14日に父の十七回忌、20日に三八会、22日に Club Vendange 。
25日に留守を頼む母との食事会、27日に葡萄舎騎士の会。
昨日は孫の顔を見せに息子一家がやってきた。
今夜のエキストラワイン会で、それらの行事の全てが終わる。

一昨日の葡萄舎騎士の会で集まったワイン。

Bellenda Prosecco Spumante
Gilles & Romaine Collet Cremant de Bourgogne

Georg Breuer Riesling Sauvage
Silkwood Chardonnay 2008 California

Saintsbury Carneros Pinot Noir 2007 Sonoma
Cune Reserva 2009 Rioja

会場は西小倉の 「フルール・デ・シャン」
5・6年前か、6・7年前に利用したことがある店だったという。
メンバーの中には、西小倉駅頭での出来事が懐かしいらしいが、
私はというと、それを含めて店の印象を覚えていない。
それは置いておいても、美味さもボリュームも及第点の店だ。

長府から小倉まではJRで450円。
小倉~西小倉は乗車時間2分間の至近距離なのに、
長府から西小倉まで乗ると540円。
国鉄時代からの伝統の料金体系なのだろうが、なんだかボラレた感じがする。
幹事さんには 「いい店だったけど、次回から西小倉ではするな」 と言っておいた (笑)

今夜のエキストラは私が当番幹事だ。
少ないメンバーなのに欠席者が二人も出た。
集まるワインは、

R & L Legras Cuvée Exceptionelle, St. Vincent 1990

Puligny-Montrachet Les Truffieres 2002 Louis Latour
Meursault Charmes 2001 Dom. Des Comtes Lafon

Tignanello 2011 Antinori
Les Forts de Latour 1992 Pauillac

会場は旧英国領事館だった 「英国館」
ルージュ・ブランのオーナーシェフが腕を振るってくれる。
彼もまたサービス精神旺盛だから、今夜も楽しみだ。

« PG再デビュー・スタート元年 | トップページ | オマール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事